2009年10月30日

あばれぬんちゃくプロフィール

桜塚やっくんがピンになる前は、お笑いコンビ、あばれヌンチャクを結成していました。所属事務所は石井光三オフィス。


コンビ名は斎藤(桜塚やっくんのこと)の前のコンビ名「ヌンチャクダンス」からヌンチャクを残して他人につけてもらったことによる。あばれはっちゃくに語呂が似てる為とも言われている。



相方の名前は竹内幸輔(たけうち こうすけ、1976年7月4日 - )

秋田県大仙市出身。血液型はA型。ボケ&絵の説明担当。通称「お兄さん」。現在は主に声優業中心だそうです。


スケッチブックを使った紙芝居風のコントが専門。やっくん(斎藤)の可愛いキャラを強調しながらも、竹内が毒舌で世の事象を斬りまくる。爆笑オンエアバトル等でも活躍し、放送ギリギリの過激なネタで異彩を放つ。結局は、笑いで終わる。


彼らのスケッチネタを掲載した「自習!!」という本が出版社 ぴあより発売されている。


2005年4月解散。

自習ってこれね。↓amazonで高値で取引されています。

ブックオフで見つけたら即貝です。

自習!!自習!!
あばれヌンチャク
ぴあ 刊
発売日 2003-09




目次

たのしい家庭科
たのしい体育
たのしい昔話
たのしい英語
たのしいアニメ
たのしい交通ルール
たのしい音楽
たのしい映画
たのしい身体測定
独りぽっちの休み時間〔ほか〕


満足!爆笑! 2004-08-06
最近はよくテレビに出てくるようになった若手芸人、あばれヌンチャクの絵コントが収録されたミニブック。
わかりやすいカラーの絵(白黒の絵が大いいけど)ともちろん2人のボケとツッコミが絵の上下にかかれています。
いろんなアニメや昔話をオリジナルの絵にするとこんなおもしろくなるとは!
と驚きました。
これはおもしろくてハマリます。
ただ☆4です。
なんとなく・・・ww


さらに詳しい情報はコチラ≫




【プロフィールの最新記事】
posted by たか at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

東京デカメロン 桜塚やっくん素顔で出演

あばれぬんちゃく桜塚やっくん東京デカメロンというVシネマにも出演しています。

さすが元俳優。
桜塚やっくんは、終了3分前にナンパ師の役で登場。



原作は2巻まであります。


まず東京デカメロン1巻。中身はこんな感じです。ちょっとシュールな感じです。


ちんぷんかんのうき世かな―東京デカメロン〈1〉
実相寺 昭雄
風塵社 刊
発売日 1996-07


内容
実相寺昭雄による、官能小説シリーズ第一弾。男と女の醜いながらも滑稽な関係を描いた表題作ほか、「花散里殺人事件」「尼寺へ行きゃれ」など、5編を収録。〈ソフトカバー〉

目次

ちんぷんかんのうき世かな
花散里殺人事件
春宵川崎綺譚
名残古原切絵図
尼寺へ行きゃれ
哀愁雲呑日記

単行本(ソフトカバー): 269ページ
出版社: 風塵社 (1996/07)
ASIN: 4938733269



続いて東京デカメロン第2巻。



未完成交響楽―東京デカメロン〈2〉
実相寺 昭雄
風塵社 刊
発売日 1996-11


内容(「BOOK」データベースより)
誌上ロードショーされるフランス映画艶笑譚ポルノ小説。
ゴールデンタイムのドラマの原作者となった作家富田愁湖は、ドラマのプロモーションのため、モーニングショーの対面コーナーで昔の恋人と会うことになるが…。短編6編掲載。〈ソフトカバー〉


目次

未完成交響楽
伊太利潮来旅情
伯林道中下栗毛
独打スランプ
魅惑のワルツ
恋の骨折り損

単行本(ソフトカバー): 236ページ
出版社: 風塵社 (1996/11)
ASIN: 4938733277






興味があったら読んでみてください。
posted by たか at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 単行本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未成年 DVD-BOX 桜塚やっくん素顔で出演

未成年 DVD-BOX

このドラマにもとあばれぬんちゃくの桜塚やっくんが素顔で出演しています。というか俳優時代の名前、斉藤恭央です。

また、浜崎あゆみが下積み時代に出演したことで有名な作品です。


1993年の『高校教師』、1994年の『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』と、この未成年を合わせて、一般的に『TBS野島三部作』というそうです。

後年の『聖者の行進』(1998年)などを含む場合は、『TBS野島伸司シリーズ』というらしいです。

高校教師の続編みたいな位置づけで、桜井幸子がきれいで毎回見ていました。



獨協大学の旧学食や中央棟でロケしていて、様子が伺えます。 それにしてもシュールで切ないドラマでした。


主題歌、挿入歌は共にカーペンターズで、ドラマのヒットを受けて発売されたベスト盤は300万枚も売れて幅広い世代に受け入れられ広く知られる事となりました。


使われた楽曲は以下です。

オープニング
『Top of the World』

エンディング
『青春の輝き』
『Desperado』(邦題: 愛は虹の色)
『Yesterday Once More』

挿入歌
『For All We Know』(邦題: ふたりの誓い)
『A Kind of Hush』(邦題: 見つめ合う恋)
『Superstar』
posted by たか at 01:08| Comment(302) | TrackBack(0) | CD・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする